AGAは、おもに男性ホルモンの影響で髪が薄くなる状態のこと

髪はあるのが当たり前、と思っていますが、ある時から抜け毛が増えたり額がひろくなって生え際が広くなってきたり、頭頂部が薄くなってきたりすると、とても不安になるものです。

最近になってAGAという症状の原因や治療が確立されてきましたが、それ以前は男性の薄毛や禿げあがりは仕方がないもの、とあきらめていた方も多いと思います。

加齢による薄毛や禿げあがりではいなく、AGAは思春期以降、早い人なら20歳代から症状が出てくると言われています。

これから結婚したり仕事でもバリバリ働きたい時期に、体のそれも外見ですぐにわかるような症状が出るとかなりマイナスのイメージを持たれてしまいます。

最近ではAGA専門のクリニックも増えてきています。

AGAは男性型脱毛症のことで、おもに男性ホルモンの影響で髪が薄くなる状態のことです。

毛髪にはサイクルがあり2年から7年くらいの寿命があり、それが抜けてまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返しています。

髪が成長する時期に男性ホルモンはそれをストップさせてしまう命令を出してしまうのだそうです。

その結果髪の寿命である2年から7年の前に抜けてしまうということがおきているのだそうです。

それが続くと太い髪の毛が細くなっていく状況になり、全体的に髪の毛が細くなり髪のボリュームがなくなりハリやコシのない髪になっていってしまうということです。

AGAは飲み薬によりかなり効果があらわれている、ということなので自分に思い当たることがあれば早めに病院にいき、AGA(男性型脱毛症)治療をはじめましょう。